当ウェブサイトでは従業員の勤務状況管理に役立つ記事を多数ご紹介しております。

体験談の記事一覧

クラウドシステムを通して出来る事の概要

もともとこの「クラウドシステム」というもの自体は、あらゆるコンピューターネットワークシステムを基点にして展開をしているコンピューター資源の利用形態においての構造の事を指します。つまり、このようにあらゆるコンピューター回線を通じてその資源にアクセスする事により、それの中にある何らかの選んだサービスからの恩恵に自由に与かれるという、大変便利なアクセスシステムという事になります。とにかく、何らかのインターネット上での回線があれば、このクラウドシステムを自由に利用出来る事になります。

やはり、このクラウドシステムを利用していく際においての大きな利点といえば、やはりこのクラウド自体が情報交換の場での手助けをしてくれたりするだけではなく、その場所自体の提供やアクセス方法などにおいての調整などをも働きかけてくれる点です。もちろんクラウドサービス毎の種類などにもよりますが、基本的にそこでのコンピューティングなどにおいて必要なのは、最低限の接続環境やサービス利用料(無料サービスである場合もあります)だけですので、後のことは自動的にやってくれますので本当に助かるシステムです。

また、このクラウドシステムを利用していくうえで、クラウドサービスをクラウド内で提供してくれる業者であるクラウドプロバイダーに関してですが、基本的に通常の現実の場で直接交渉をしたりする相手方業者などと同じ存在ですので、この者に関しての情報管理などもクラウド自身がしてくれますので、時間的あるいは手続き面などでのコストをかなり軽減する事が可能です。

続きを読む

勤怠管理システムに求める機能

勤怠管理は従業員の労働管理をすることにおいて企業にはかかせないシステムです。さまざまな機能がありますが、管理をするだけが目的ではありません。売上金額や材料費等と違い目に見えにくい労働環境やコストの改善に着目することができます。具体的にどういったものが見えてくるのかまとめてみました。

従業員の勤務時間管理として遅刻や早退、休日出勤、時間外労働の計算、有給休暇の消化を確認することができます。社員によって偏りがあるかどうかも見つけることができます。社員がプライベートな時間を十分に取得できているかどうかは近年問題視されているメンタルヘルスに大きく関わってきます。また、時間外労働は法律で上限が定められていますので企業はそれを遵守しなければなりません。それと同時に時間外労働が嵩む理由も考える必要があります。工数に無駄が発生している場合もありますし、作業従事者が不足している場合も考えられます。

勤怠管理が行き届くと社員が気持ちよく働ける環境を整えることができ、工数や業務時間の可視化と適正化につながります。知識や経験を身に付け、勤続してくれる社員は企業の資産です。勤怠管理は業務として欠かせないものですから目的意識をもって付加価値をつける取り組みをすることが大切です。

続きを読む

カテゴリー