当ウェブサイトでは従業員の勤務状況管理に役立つ記事を多数ご紹介しております。

勤怠管理システムに求める機能

勤怠管理は従業員の労働管理をすることにおいて企業にはかかせないシステムです。さまざまな機能がありますが、管理をするだけが目的ではありません。売上金額や材料費等と違い目に見えにくい労働環境やコストの改善に着目することができます。具体的にどういったものが見えてくるのかまとめてみました。

従業員の勤務時間管理として遅刻や早退、休日出勤、時間外労働の計算、有給休暇の消化を確認することができます。社員によって偏りがあるかどうかも見つけることができます。社員がプライベートな時間を十分に取得できているかどうかは近年問題視されているメンタルヘルスに大きく関わってきます。また、時間外労働は法律で上限が定められていますので企業はそれを遵守しなければなりません。それと同時に時間外労働が嵩む理由も考える必要があります。工数に無駄が発生している場合もありますし、作業従事者が不足している場合も考えられます。

勤怠管理が行き届くと社員が気持ちよく働ける環境を整えることができ、工数や業務時間の可視化と適正化につながります。知識や経験を身に付け、勤続してくれる社員は企業の資産です。勤怠管理は業務として欠かせないものですから目的意識をもって付加価値をつける取り組みをすることが大切です。

カテゴリー