当ウェブサイトでは従業員の勤務状況管理に役立つ記事を多数ご紹介しております。

AMANO

AMANOの勤怠管理システム

AMANOという会社は、勤怠管理のシステムで有名な会社ではないでしょうか。多くの企業がこの会社のシステムを導入しています。それは、様々な企業のニーズに合ったシステムを作っているからではないでしょうか。

それは、パソコンで従業員の勤怠を管理できるシステムであったり、ICカードによって従業員の勤怠を管理できるシステムであったり、タイムレコーダーで従業員の勤怠を管理できるシステムであったりします。他にも様々なシステムがあります。

ですので、自分の企業にとってどんなシステムが良いのかというのをAMANOの担当者と話し合い、導入すると良いのではないでしょうか。料金に関しても自分の企業の実情に合ったシステムを選ぶ必要があるのではないでしょうか。

クチコミ情報

女性 30代 勤怠管理は社員の給料に直結するため、多くの企業でシステムを導入し、運用を行っています。勤怠管理の面倒なところは、出退管理はもちろんのこと、社員の雇用形態に合わせた対応、またはフレックス制度などの不規則時間管理など、現代の働く形に対応しなければならないところで、システムの導入なしではその管理が難しく、コストが甚大にかかってしまうことにあります。また勤怠管理はリアルタイムにその情報を蓄積する必要があり、その情報をいかに正確に、且つ簡単に取得していくかが重要になってきます。そのためのデバイスとしての、タイムレコーダーやバーコードリーダーなどを利用し、即時に情報を取得し、集計が行えるものが理想になってきます。また、その情報を活用し、給与計算や起業の人件費コスト算出などにかんたんに利用できることも、企業における事務処理コスト管理の始点ではとても重要になってきます。とは言えシステムの導入に関しても、ただ複雑な機能が多く実装されているものや、操作に時間がかかるものではより大きな効果を得ることは難しいでしょう。また、社員数が数名の会社に、大掛かりな仕組みは必要がありません。勤怠管理システムを選択する上で大事な要素は、簡単で、高度で、会社にあった規模で、且つ安価なことが求められます。

勤怠管理選びのポイントとしては、その操作性が上げられます。登録に時間がかかったり、登録を行う際の操作が難しいと、利用者にはストレスになります。また、会社の規模に合わせた勤怠管理も重要なポイントと成ります。小さな小規模オフィスでは、大規模な管理システムは必要ありません。

AMANOではタイムレコーダーを活用し、大規模オフィスは勿論、小規模店舗での勤怠管理が行えるよう、さまざまなニードに答えられる商品がラインナップされています。特にタイムレコーダーと連動した勤怠管理システムは、集計作業から勤怠管理までをトータルでサポートできるシステムとして、導入も比較的スムーズに行うことができます。一度サイトを訪問し、検討いただくとよいでしょう。

女性 20代 AMANOは、JR東海道新幹線の新横浜の北側に在る会社であり、最寄り駅はJR横浜線の菊名駅とされています。この会社ですが、事業内容は、タイム情報システムの開発及び提供時刻配信サービスといったものが目立っています。会社の所在地ですが、神奈川県横浜市港北区とされています。また、この会社は、他にグループ企業や事業所を幾つも有するグループ体としても知られています。創業は戦前であり、AMANO自体が設立されたのは戦後とされています。

AMANOの社訓は、鈍(ドン。正しい行いをし、正直さや人格尊重、奉仕の気持ちといったスタンスを持つこと)、根(コン。努力をすることで、向上して行くというスタンスを持つこと)、運(ウン。恵まれる幸運のことであり、運に恵まれていれば自ずと豊かな人間性が育つということ)とされています。会社の基本的な方針であり、社員はこれらのスタンスを身に付けて日々活躍をしているといいます。AMANOが提供しているサービスですが、勤怠管理のコンピュータ機器等の取り扱いとされています。販売されている機器ですが、価格は二十万円近いとされており、法人を対象とした製品の提供となっています。法人を対象としているものの、タイムカードを効率的に打刻してシートに手書きをする煩雑さを省きたいという法人クライアントのニーズに応えており、この会社自体が社員は問題発見をするというスタンスは社訓が示す通り貪欲であるとされています。基本的に法人を対象としたサービスとなっていますが、タイムカード機器には十万円未満の価格で販売されているものも在り、そういった製品は割りとシンプルな機器となっています。

提供しているタイムカード機器ですが、会社の始業時に音声メロディが鳴るという機能が付帯している製品も有ります。始業メロディが鳴れば、社員はこれから仕事を開始するというスタンスにもなれますし、何よりもグッドアイディアと言えそうです。提供されている製品ですが、タイムカード機器以外には消耗品等も有ります。消耗品等の価格ですが、五千円未満とされており比較的安い価格となっています。また、タイムスタンプという物も有り、価格は十万円未満とされており、電子式とされており多機能且つ高性能とされているので効率良く勤怠管理ができるようになります。

カテゴリー