当ウェブサイトでは従業員の勤務状況管理に役立つ記事を多数ご紹介しております。

bit-drive

bit-driveの中の勤怠管理システム

ソネット株式会社のITソリューションサービスであるbit-driveの中にインターネットタイムレコーダーという勤怠管理システムがあります。このシステムは、お客さま満足度がとても高いシステムのようです。

その理由は、次のことが挙げられるようです。メールや電話によって、多くの疑問の解消を行うことができたり、専任の社会保険労務士に相談ができますので、安心して様々な疑問を質問・相談することができるという点です。

また、複雑なシステムになっているわけではなく、シンプルな画面表示になっていることで、操作が分かりやすくなっていますし、セキュリティーがしっかりしていたり、管理職研修や無料講習会があることも人気の理由ではないでしょうか。

クチコミ情報

男性 30代 社員の勤務を管理するにはbit-driveがおすすめです。社員やアルバイト、パートの勤怠管理をクラウドすることによって、人件費や管理コストを軽減できます。そして何より助かるのが、bit-driveの勤怠管理システムで給料計算やシフト管理が簡単にできるという点です。人事のことや労務のことに対しては社会保険労務士さんが相談にものってくれるので心強いです。人事や労務の法改定があったりしても実際にどうしていいか分かりませんよね。相談できる社会労務士さんがいるっていうのは重宝します。

初期費用にすべて金額は含まれているので後からサービス利用で追加なんていうこともなく安心です。もちろんbit-drive導入前後のサポートも万全に整っています。インターネットでの利用は不安に思う方もいるかもしれませんが10年の実績もありますし、インターネットでの勤怠管理でも信頼して利用できるはずです。

サポート体制も万全です。メールでの相談はもちろん、平日のみとはなりますが電話でも対応できるので気兼ねなく相談できます。シンプルな画面なので、すぐに慣れることができ、操作も簡単だと思います。インターネットでの勤怠管理だと聞くと、4どうしても個人情報流出は大丈夫かと心配になりますが、bit-driveならISMS認証を取得しているので安心して利用できますね。

女性 40代 この「bit-drive」とは、あの電気機器類の大手メーカーであるソニー社の流れを汲むSoNet(ソネット)社が製作をした、クラウドベースにおいてのなるべく法人向けに利用されることを目的としたインターネットサービスでのプロバイダーにあたります。もともと、このインターネットプロバイダー(InternetServiceProvider)自体がインターネット回線への接続を提供したりする組織のことを指しますので、bit-drive自体はこのソネット社の社員による運営がなされているプロバイダーと見てよいのかもしれません。

そもそも同プロバイダー自体は、ソニーブロードバンドソリューションズへ統合前の1999年において、ソニー社が我が国内にある電機メーカーの1つとして最初に第一種電気通信事業者の許可を取得をした際に加入者系無線アクセスシステム事業に参入をした事に単を発するものであり、これ以来、光ファイバーなどその他の回線上での接続サービス事業を主として、インターネットにおいてのVPN(VirtualPrivateNetwork)などのソリューションの提供などをしている現状のようです。

そして、このソネット社による「インターネットタイムレコーダー」などがこのソリューションの1つといえるものであり、やはりクラウドシステムを基底として勤怠管理をメインに事業運営上での全体的なフォーメーション設定をしている、大変役に立つ専用ソフトウェアといえます。

カテゴリー